大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

世界は勝手に回るから、自分も勝手に頑張ればいいと思う話

      2016/11/15

Pocket

田舎である。めっちゃ田舎である。ちゃんと畑の臭いがする。野菜がよー育ちそうなあの臭いである。

先日の会社の送別会では、半泣きで「これからの時代は地方から日本変えるんです、僕がやるんです、見ててください」的な発言をそない飲んで無い中でスピーチしていたと思う。涙ぐみながら勝負しよう、世の中良くしよう、みたいな事を同僚と言い合った記憶がある。

興奮冷めやらぬその翌日、やってやる!やってこい!みたいな雰囲気を勝手に持ちながら、羽田から熊本に降り立った。出張で貯めさせてもらったマイルで来れたのである。俺は何かしなければならない、何者かにならなければならない、その為にここにやってきたんだと、ゴイステの青春時代が何となく頭で流れる。何かやらかすしかないんだと、空港のくまもんの看板に訳もなくメンチを切りまくった。

家族が空港に迎えに来てくれた。ありがたい。二週間ぶりの再会だ。「ほか弁取りに行かなんけん、はよ乗って」そうだ、再会を喜んでいる暇など無いのだ。時間は無いのだ。なぜなら、もう勝負は始まっているのだから。子供達がパジャマのまま車に乗っているのも、全てはそれが理由なのだ。「のり弁にしといたからね」おおとも。まだ何も成し得ていない自分が幕の内なんて滅相もございませぬ。「引越しの整理したいから、子供ら連れて外行ってて」おおとも。俺が急ごしらえした箱詰はぐちゃぐちゃ過ぎて貴女をイラつかせてるぐらい分かっている。子供のブランコぐらい何時間でも押してみせますよ。「パパー、BB弾探そうよー」息子よ、残念ながらこの辺には恐らくエアーガンを打つヤツは居ない。何時間探してもきっと出てこないんだ、分かってくれ。その代わり、ええどんぐりあるから、それ拾いに行こう。
IMG_2853

「キャー、バブー、チャーン」
娘よ、そこは人ん家だ。公園に見えるほど広いが、人の家なのだよ。しかも、何か作業されているから、入っちゃいかんのだよ。(持ってってよかよー、一番大きいのあげるからねー)と柚子をもらう。
IMG_8701てか、家の周りだけでなんかもう遠足やな、これは。生駒ぐらいのイメージやな、生活したことないけど。

それから、車で2-30分行くとレストランがあった。横浜時代はベビーカー有りだと最寄り駅まで歩いて15分以上かかっていた。
カフェ

コーヒーの焙煎器がおいてある。
自家焙煎

子供が騒いでも全然怒られない。離れにどうぞという謎の貸し切り対応。
子供

めし、うっま。野菜がうまい。
お肉
IMG_5039
deza-to これで4人で3,800円。ガストでもそれぐらいやったような。

野菜はここで作っているらしく。
IMG_0195

帰りに温泉に寄る。レストランから10分ぐらい。
風呂 70分貸し切りで1500円。

いやー、おもろい散歩して、うまい飯食って、人も優しいし、温泉入って、引っ越しの疲れも取れますなー、サイコーですなーの帰り道。でも、これ、なんか、その、あのー、えー、完全に角取れてまうなと。丸なってまうと。くまもんにメンチ切るなんて、やめなはれと。感謝はしつつも、常に求め続ける自分でありたいと改めて思う訳でございました。

ほな

茶蔵カフェ
http://cafesakura.jp/
イロナキカゼ
http://www.ironakikaze.com/
湯ら癒ら
http://yurayura-aso.com/

Pocket

 - ブログ, 熊本 子連れ, 熊本 移住, 田舎生活