大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

阿蘇薬草園の井澤さんに野草の凄さを教えてもらった話

      2016/07/26

Pocket

大阪のまったく緑がないような場所で育ったので昔から自然に対しては憧れがある。ある方に紹介いただいて、南阿蘇の山の中で取れる野草を粉末状にしてお茶にしている井澤さんとお会いさせていただいた。農薬、化学肥料、草取りを行わず、ほぼ野生のような状況を作り出し、勝ち残ったものだけを収穫し、焙煎するという独自のやり方で、商品展開をされておられる。

現在は震災から復旧中で、まともに商売ができるような状況になっていない。しかも、地震で弱くなった地盤に連日雨が降り注ぎ、店舗や工場には流れ出した土砂がつい最近まで残っていたという。ボランティアが来てくれなかったら、未だに片付いていなかったとのこと。震災から3か月が過ぎて、だんだんと日常が戻ってきているように感じられていたが、場所によってはまだまだであり、水道が復旧したのも井澤さんの店舗ではつい2-3日前であった。

今、熊本では阿蘇方面へ通じる直通ルートが地震で壊滅状態となり、アクセスがものすごく悪くなっている。電車で言うと、特急とか快特がなくなって、すべて各駅しかなくなっているにも関わらず本数も減って、電車賃も上がったみたいな状況であり、行けるんだけど時間かかるし、混むんで、あんまり行きたくないみたいな状態となっている。また観光地のメインであった、阿蘇の火口付近等も行くことが出来なくなっていて、これらの復旧予定は明確には示されていない。熊本城も入れなくなっているので、熊本県の二大観光拠点のどちらも稼働が出来ていない。これに伴って、観光業を生業としていた現地の方々は、引き続き苦境が続く。売上は完全にストップし、地震前の状況に戻るには道路の整備等も含めて、物理的に非常に時間がかかる。もし自分だったとして、前向きに次の手を考えようにも、個人レベルの力ではどうにも変わらない現実にどうにも塞ぎ込んでしまうような気がする。ぼくの知っている範囲の情報でしかないが、阿蘇の状況は県内でも結構きつい。食べ物や飲み物がないという状況ではないが、収入的に不安定なのがいつ終わるのかが明確でないと言うのは、日々消耗していくし、単純に不安だと思う。なので、このブログを見ていただいている方だけでも結構なので、そんな状況の中から少しずつでも回復し、次のアクションに移られた情報発信に対しては、出来るだけポジティブなリアクションをしてほしい。哀れみからとかではなく、困ったときはお互い様で!みたいに自然に自分が感じるままに、良かったなと思ったら、良かったと表明するだけでもしてほしい。そして、出来ればどれだけ入金の手続きが面倒でも、100円でも200円でもいいので、金銭的に協力してあげてほしい。そういった一つ一つが今は金額以上に、当事者を勇気づける最も大きなアクションだと思う。是非、忘れないでいてほしいです。何卒よろしくお願い致します。

で、井澤さんといろんな話をして、最後に農園周りの道端に生えてる草を見ながら、「このあたりに生えてる野草は300種類ぐらいあって、最初は100種類も覚えたら見えるものだいたいわかるようになるよ」と言われながら、調子にのった僕はあれはなんですかこれはなんですかと尋ねまくり、「これは肌が弱い人はちょっと負けちゃうかもだけど、すりつぶして塗ると虫刺されに効くよ」みたいなアドバイスにいちいち感動していた。知らなければ一見なんの価値も感じられなかった目の前の雑草たちが、実はいろんな価値を持っていたという事実は、不必要なものはばっさり切ってしまって、効率を追求し、生産性を突き詰めて、利益を最大化させるんだみたいなあり方に、実は切ってしまった方にも大事なもんはあってそれを知っておかないと本質的な理解を失ってしまうよみたいな、なんか変な哲学的なものすら感じさせられた。
IMG_6436

井澤さんはかなり年配の方であったので会話の節々に何度か「2歳の子供がいるから」という発言があったが、お孫さんだろうと思い何度もスルーしていた訳だが、あまりにも何度も「2歳の子供が」というので、「え?お孫さんではなくてですか?」と尋ねると、「はい」と屈託のない返事があり、「大変恐縮ですが、おいくつの時のお子様かご教示いただけますでしょうか」に対して、「えぇ、70歳の時です」と笑顔で応えてくれた。

野草パワーはおそらくとんでもなくすごいし、雄として尊敬しました。必ずや復活してくれるのは間違いございませんので、みなさんぜひ飲んで元気になりましょう、いろんな意味で。

ほな

阿蘇ハーブファクトリー(阿蘇薬草園)
http://asoyakusouen.co.jp/about/
現在、商品出荷止まっているようですが、復活の際には是非検討してみてください。

Pocket

 - ブログ, 熊本 移住