大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

ブログをほぼ毎日一カ月書いてみて分かったことが5個ありますの話

      2016/06/16

Pocket

この一カ月出来るだけ毎日ブログを書こうとしていた。結果、毎日書けなかったが書こうとしていた。この一カ月は更新頻度が高かったので、6,000PVとかだった。世の中の人気ブロガーがいかにえげつないかが、よく分かった。今後も、自分の為に好きなことを書いていきたい。で、頻度を上げてみて分かったことが下記。

1.めっちゃ考えながら生活し始める
ブログ書かなきゃ病になるので、あらゆるものをブログ化する為のフィルターを通して、生活することになる。なんかもう、出てこい、ほら出てこいみたいな感じで人と会話したりしている。それで出てきた時の安堵感はおそらく書いている人間にしか分からない。おっしゃー、これで今日も書けるーみたいな。だからなんやねんて感じですけども、一年間積み重ねられたとしたら、それはそれで力になる気がする。まぁ、あの、一カ月ですら毎日出来てないは出来てないんですけども。

2.世の中の検索のルールが分かる
自分が書けたことで満足していたりする記事は1ミリも検索上位で表示されない。検索にかかりやすくすることをあまり考えていないからもあるだろうけれども、ブログで稼ぐ!みたいなことを真剣に考えたら、えげつなく重要やなと思う訳で。検索で最も多くヒットしている記事が、アンパンマンのダイスケお兄さんてやつで、へぇーとなった。日曜日に番組がやっているので、そのタイミングでグッと検索されている。人気番組だと、既にスーパーブロガー達が検索上位を独占しているが、この番組だとぼくのブログが一番上にいる。隙間突いた感と、やっぱりみんな気になりますよねっていうのが共感できて、記事を仕掛けて書くみたいなのはこんな風にやるのかなと感じた。

3.書く時は己と向き合っている
一個書くのも全然苦労している。もっとサクサクっていかんかいなとなるけども、この件について本当はどういうことが言いたいの?もっとシンプルにできないの?本当に伝えたいことってそれ?その言語化で納得いってる?みたいなのを結構やる。まぁ、面倒くさい。最近は、本気で面倒くさい。でもいつか、自由自在になる日を信じて、この重要っぽいけど、本当に必要かはよく分からない時間を出来る限り捻出する。

4.忘れられづらくなる
正直、なんで書いてんの?って、これがあるからだと思う。田舎におるやつと言う事実はずっとついてまわるので、そこで何も発信しなくなってしまうと、マジで死んだんちゃうかなとぼくが東京とかに居る側だったら、ぼくに対して感じていると思う。なので、これからも引き続き皆様のタイムラインを汚している可能性がありますが、時々気になれば覗いていただき、あー元気やってんやなって思って貰えたら嬉しい限りでございます。

5.反応の薄さに耐えるハートが出来る
違うねん、反応なんてなくてもいいねん、これは発信しただけで自分として完結してるからそれでええねんとか、表面上思っていたりする訳ですが、やっぱ誰も読んでないとか、読んでくれてるけど微動だに反応がないとか、さすがになんか逆に嫌われはじめてるんちゃうかなぐらいの気がしたりして、一人で風呂で反省していたりする訳ですが、その頻度もだんだんと減ってきました。そして、その頻度が減った分、次は髪の毛薄くなってんじゃないの方向に俄然目がいくようになりました。

あと、読んでますよって言われた時にどんな顔して良いか分からないことが出てきた。先日、初めて読みましたよ、私もくるり好きですみたいになった時に、免疫が無さすぎて、テレ恥ずかし嬉しいみたいなで、変な顔して黙ったと思う。その表情を見た相手は著しく不安を感じたと思う。あれ?こんな顔やったっけ?ってなったと思う。数少ない話しかけてくれる相手をこれ以上減らさない為にも、言われ慣れてだいぶ飽きているけども、それでも謙虚に感謝を伝えられる感を全力で練習しなければならない。ただぼくの人生上、その練習で慣れてきたタイミングでは、声をかけられることはなく、最近やってないけどあのリアクションどんなやったっけみたいな時に不意をつかれ、また、え?だれ?みたいな表情になっていると思う。

みなさま、今後ともよろしくお願い致します。

ほな

Pocket

 - ブログ, 熊本 移住