大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

売れへんなーってビビり始めてたマンションが売れた話

   

Pocket

IMG_5755 ※写真は今だけしか食べられない高菜の浅漬けをご飯にかけたら、もうめっちゃうまいやばいっていうやつ。

 

 

 

3月末に横浜のマンションが売れた訳でございます。
一家を路頭に迷わす寸前で、買主様が現れて命拾い感が凄かったです。
では、それまでの経緯を下記に綴りたいと思います。

1.仲介業者選び
我がマンションは横浜の鶴見にあった訳でございますので、
そのエリアはナイス株式会社ってところが本社もあることもあり、
http://www.nice.co.jp/
もーここは俺のもんなのでねってぐらい、シェアをがっつり掴んでいる。
自分たちが買ったのも、この業者のマンションであり、日々のチラシの
部数なんかも、群を抜いてこの会社が多い。
なので、あんまり比較せず、この会社に決めていた。
あと、一社ぐらい聞いてはみたが、すぐに行きますみたいな反応でも
無かったので、あまり進展せず、すぐに選定を終えた。

2.専任契約か、一般契約か
これは仲介を一社に任せるか、複数社に任せるかを選びましょうってことで、
基本的に専任で任せる方が、仲介業者としては、やる気が出るとのこと。
複数社と契約を結ぶことも面倒だった為、専任を選択。
結果として、専任で不便することは特に無かった。

3.契約が終わるとチラシが入り始める
自分が住んでいるマンションに自分の部屋が売り出されているチラシが入り
始める。昨年の10月頃から、売り出しスタート。
しかしながら、反応が大したことなく、開始一カ月で価格を見直すことに。

4.価格見直しで内覧希望が増える。
11月頃から、内覧希望者が一週間に二組ぐらい来るようになる。
当時は居住中であった為、子供が二人居る中で掃除をするのが大変だった。
ぐえーってなりながら、慌てて掃除したのにドタキャンくらったりすると、
今日はなんだったんだろうかみたいなことも増えた。
一か月で7-8組見に来たが、特に進展はなく、ほんとに売れるんだろうか感が
増していた。

5.横浜杭打ち問題勃発
杭ちゃんと打ててないから、マンション傾いてますやんのニュースが出る。
この時あたりで、マンション買うの大丈夫なんやろか感が強まる。
いやー、中古市場は逆に大丈夫やと思うんですけどねーみたいな
ことを営業の方は言っていたけども、どうやらちょっと様子見ましょかモードに
世間がなっていて、内覧希望も減り始める。
そろそろ、熊本への引っ越しを控え、手続き的には横浜に居る間に
やりたいなと思いつつも、いっこうに売れる気配は高まらず。
12月を迎える。

6.12月はほぼ内覧なし
杭打ち問題だったり、もうすぐ年末なのでモードで内覧がピタリと止まる。
何組か来るものの、中国籍だったり(けっこー多かったのでびっくりした)、
あきらかに冷やかしですーってな感じの人だったりで、売れる気配はなし。
熊本への引っ越しが完了し、12月中旬からは空室での売り出しとなる。

7.1月二週目からガシガシ内覧がくる
不動産業界では当たり前みたいなのだけども、1~5月が圧倒的に
動きが激しいとのこと。12月ほとんど動きが無かったのが、1月は各週末に
4組とか内覧が来ていて、空室であったこともあって少し安心できる日々が
きだした。専任契約も3カ月延長して、売れることを祈りまくる。

8.2月に入るもなかなか本格的な話にならず・・・
毎月のローンの支払いがグリグリ貯金を減らしており、
おぉこのままでは兵糧がつきてしまいますぞぇ的なノリは
日々あった訳でございますが、内覧者は順調にあるものの、
売れる気配は未だ感じられず。
なんだこれは、何組スルーしたんだ、成約率20%とか言ってたやんか、
それでいうたらもう4回ぐらい売れてますやんか、おかしいやん、
なんでうちだけこんな売れませんねんな、げろげろーみたいに思ってたら、
突然電話かかってきて、売り出し価格のままで売れましたーと連絡が
入った訳でございます。
ちょうど、2月末だったので、動き始めて決まるまでに約5カ月を要した
訳でございました。

9.熊本-横浜間の移動でなんぼ使うねんという話になる
まずは、売買契約をということで、3月初旬に横浜へ移動。
買主様と初めて会う。手付金をということで、現金を一部いただくが、
仲介業者へ手数料(これが物件価格の3%+6万円とかなので、めっさ払う)も
このタイミングで支払うので、特に残らない。
飛行機代の往復で5万円近く使う。。

10.銀行の一括返済手続きが熊本じゃできんと言われる
大手メガバンクで住宅ローンを組んでいた私は、売却にあたり
繰り上げ一括返済の手続きが必要だと指示を受け、言われるがままに
窓口へ電話した。熊本にはそのメガバンクの支店が一つしかない為、
あんまり出来る気がしなかったのだけれども、案の定駄目だと言われる。
しかしながら、テレビ会議が出来る支店なら大丈夫と優しい案内を受け、
期待を込めて福岡はいけるでしょ!と告げるも、窓口の人も初めて調べたらしく、
福岡には無く、最も西寄りで大阪だと言う。なんなんだ。ただただ従うしかなく、
平日休みをとって大阪へいき、梅田の支店で30分で終わる手続きを済ませた。
飛行機代で4万円近く使う。。

11.引き渡し手続きへ
いよいよ最後の手続き。平日に休み、始発の飛行機で横浜に向かう。
これまた飛行機代で4万円近くかかっている。。
手続きを行う銀行では、行政書士の方なんかも来てて、いくつかの書類が
手際良くさばかれていく。滞り無く手続きが終わったようで、銀行の担当者が
「はい、じゃあ、現金出しますー」と慣れた口調で言っていた。
その5分後ぐらいに、口座にぼかーんと売却残金が振り込まれる。
おぉ、金持ちは毎日こんな残高を見ているのですなと、初めての世界を覗く。
そして、その20分後ぐらいにメガバンクが残りのローン残金をこれまた
ぼかーんと引き落とす。これで、一応完結。マンションは売れた訳でございました。

3年弱住んだところで川沿いをよく走ったりしていた。ロビーのソファで寝ていて、
隣に住んでいる人がたまたま通りかかって、深夜家に連れて帰ってくれたりした。
ベランダから見えるJRを眺め続ける息子の姿がどんどん大きくなっていった
場所だった。
いやー、住民では無くなったけども、また遊びに行かせて貰おう。

思ったこと
・仲介手数料高い。
中古の不動産売って利益出ましたって言うと、最低でもこの3%の手数料以上は
高く売らないといけない訳で、それってやっぱなかなか難しいよなと。
最近は、ソニー不動産なんかが、この手数料をかなり安くできているみたいですが、
そこを使うぐらいの余裕は無かった訳でございまして。。
http://suumo.jp/journal/2014/12/01/74143/
まだあんまり聞こえてこないところを見ると、やっぱり苦労しているところなのでしょうか。
このあたり切羽詰まって無ければ、もうちょっと工夫が出来そうでした。

・現地主義は引っ越した後、最高に面倒くさい
これも遠隔で出来ないものかねと全力で思った訳ですが、
今後も地方に居るとこういう問題ありそうで、その都度ITで
どうにかしてくれって思ってそうです。

・器大きくなりたい
ぼかーんと振り込まれたタイミングをオンラインで確認しており、
ちゃんとスクショしている自分が居た。
こんな金などでは何も感じまへんぐらいになりたし。

ほな

Pocket

 - ブログ, 熊本 移住