大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

インフルエンザはほんまかって話

   

Pocket

インフルエンザになってしまった。
人生で初めてであった。
インフルエンザってそんなんやったんかいなと言う感じでもあった。
熱は37.8℃までしか上がっていなかったが、子供らが罹っていたので、
まぁ仕方ないかと病院に行ってみた。
診察を受ける前に図った体温は36.8℃。すでに平熱になっていた。
ほとんど風邪っ気も無くなっており、これは多分何もないだろうと午後から
会社へ行こうと考えていた。
しかしながら、万が一インフル菌保有してたら行くのも微妙やしなと、検査を受けた。
そしたら、もんのすごい痛かった。鼻から喉の手前ぐらいまで長い麺棒で
グリグリやられた。
あんな柔らかい麺棒で、そんなに人を痛めつけられるとは思いもよらなかった。
そのせいで調子がおかしくなるんじゃないかぐらい痛かった。

結果は陽性。ちょっと待ってと。そんなに奥深くまで突っ込んで採取したら、
この季節10人中8人はインフル保有者でしょと。
そして、気付いた。保有しててもあんまり大したこと無い人おるから
流行るんやと。当たり前だけども。
人生で一度もインフルエンザになったことはないと考えていたが、
インフルエンザが原因で高熱とかにならなかっただけで、多分潜んでたことは
あったんだろうなと。
なんかだるいなーとか思ってた日とか、軽いインフルやったりしたんやろな。
流行らせてきてた側だったのかも分かりません。
そんなこんなで、ある意味律儀に会社を二日間休んだ。
休んだ日にたまたま社長から会食の誘いがあったらしく、
人生はそんなもんだなと変に納得したりする。

「入社したばかりでまだ有給休暇が無いけん、欠勤扱いになっちゃうわ」
人生で初めての欠勤も経験することになろうとは。
そっちの方が切実で今の私にはインフル検査よりも痛い。
だから、決めた。気付かない間は、しんどかろうが絶対働く!

ほな

Pocket

 - ブログ