大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

お金についてを説明してみた話

      2016/03/01

Pocket

これまで仕事にしろなんにしろお金の使い方でイメージすることは、
「買う」か「買わない」か、「高い」か「安い」か、の判断基準ぐらいしか無かった。
なので、実際に社会人なりたての営業時代はもはや先方が買ってくれるのか
買ってくれないのかの二択であり、とにかく買ってくださいだけの話でそれ以上でも
以下でも無かったように思う。これは簿記の3級とかを取得しても根っこのところでの
考え方は変わらなかった。
従って必要だったのは、理屈ではなく買ってもらえるように「友達化」してもらう
能力と、それに必要な愚直なまでの貢献精神を維持し続けることであり、
買ってもらえるのはその能力の先にあると考えていた。
ただ、そう思っているのはこちらだけであって、買ってくれた側は
少なくとも、もう少し先を見ていたのかなと後々気付くこととなった。

そのキーワードが「利回り」であった。よく聞く言葉だけども、理解はしていなかったのだと思う。
で、転職してなんだかんだしていると、ある人が「あの人のこれまでやってきたことからすると、
世の中のだいたいが利回りで見えてると思うよ」と言った。
利回りという単語にそんな使い方があるのかと予想だにせず、物凄く興味深かった。
企業の財務諸表とかは、未だによく分からない部分も多いのだが
(特に「のれん代」はいつまでたってもふわっとしたまま理解が下りてこない)、
しかしながら、大きく捉えようとした時に大事な視点は「利回り」なんだと少し分かった。
どれだけ安く買って、どれだけ高く売ったか、もうちょっと言うと
どれだけお金を使って、どれだけ入ってきたかを、あの手この手で詳しく
書いてあるのが財務諸表なのかと理解をした。
違うのかもしれないが、「利回り」を説明している資料だと現時点では思っている。
分からないといけないのはいくら使って(人件費や設備費含めて)、
いくら入ってきたのかを知ろうとしながら眺めることであり、
そこをきちんと説明ができれば、世の中のほとんどの事象は
表面上分かってしまうのではないかとすら感じた。

で、使った額に対して入ってきた額の差こそが、利益である訳なのだけれども、
これを得るためには、使った額が「そこでしか出来ない何か」に変換されて、
入ってくる額がそれを上回らないといけない。
パン屋も、パンを自分で作るよりは手間もかからないし、味も良いからこそお金を払って買う訳で、
トヨタの車も基本的には同じことなんだと思う。
この変換された「自分ではできません」度合いが大きければ、その分利益も大きく
なると考えられる訳で、もしこれから子供がお金持ちになるにはって質問をしてきたら、
「他の人が出来ないことを見つけて出来るようになればお金持ちになれる」みたいな
答えになるんだろうけども、結局これではよく分からないのと、パパはできてないから
うちにはお金がないんだねみたいな話になるので、ちょっとまだ考えないといかんす。
しかしながら、このことをもっと若いうちから知っていれば、これまで使ってきたお金の
使い方が少なくとも違った気がする。
その使った先に、それが金銭的なリターンを生むものなのかどうかを
小学生ぐらいからなんとなく頭の隅で考えられるようであれば、既にその差分が
「他の人では出来ません力」に変わったりする気がする。

あと、熊本に移住して、幾分か田舎生活を送っているが、
買わずに自分でしてしまうという文化がある気がする。
例えば、パンでも今は我が家でパン焼き機をセットして焼いていたり、
米は買わなくても貰えたり(これは誰かがやってくれているのだけども・・・)、
なんでも自分でやってしまうと驚くほどお金はかからなかったりしている。
また、近くに山や川があるので、お金を払わずとも楽しく過ごせたりする。
逆に言うと、我が家の場合は、山や川に行ったような楽しさを得るために、
都会のショッピングモールを散策していたのだと理解をした。
そうすると、この自然そのものはショッピングモールに投下していた額の金銭的価値は
少なくとも生んでいるという計算も成り立つ訳で、自然が豊かだみたいなものに
値段をつけるのであれば、そういうことなのかも知れないと分かった気がしている。
いずれにせよ、何かの能力や住んでる場所の良さみたいなものを金銭的価値に置き換えるとしたら
ということをよく理解しておくことが、お金が無くてもリッチだみたいなよくある言葉の正体であった
可能性に気づいた訳で、「利回り」ってそういうことやったっけみたいな展開になってしまったけれども、
このあたり結構重要なとこだと勝手に思ってるので、今後も掘り下げていきたい。

ほな

Pocket

 - ブログ, 熊本 移住