大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

もやもやはすっきりさせたいすねって話

   

Pocket

とある方と話している時だった。
その方は何やら上司の態度にあり得ない程腹が立っていて、
でもなんでそこまで腹が立ってるのか、なかなか説明できないとのこと。
もやもやもやもや伝えたいことはあるんだけれども、言葉にならない。
3日間考えた結果、やっと言語化できたと。
腹が立っていた原因はこれだ!と明確に言えるようになったと。
「私が怒っている根本は、あの態度に含まれている○○だったんだよ!」
と全力でぶつけていただいた。
まぁ、正直その結論に三日もかかんのかいなって言うのはあるものの、
大事に感じたのは、もやもやしたものがあってそれを言語化するという作業を
やり切ったという点だった。

日常の会議なんかでは感じているものはあるものの、うまく言葉に出来ないんで
このタイミングではやり過ごそうみたいなことが、結構ある。
また、これ自分だけの感覚なんかなー、うまく言葉に出来ないんやけどもなーって
なってる感覚のとこを、ふとした拍子に誰かがその感覚を明確に言語化したりすると
猛烈に、そやねん!そやねん!それが言いたかってん!そーそー、やっぱそうよな!
分かってくれるよな!な!な!ってなり、一気に距離が縮んだりする。

僕はまだ満足する言語化能力に至っていない為、伝えたいことが強烈だった場合、
この前のあれめっちゃすごくて、ドガーンってなって、ギューン入って、
バババババって感じで、最後ぺっちゃーんなって、結局ずりーんやったんすよ!
みたいになる。でも、目見開いて大きな声ではっきり明るく小学生の本読みのごとく話すので、
大抵は「ははは…」ぐらいの伝わり方はする。なので、高い言語化能力には憧れにも似たものがあり、
最近は下記の方のブログがズバ飛び抜きん出ている訳で、ここまでいけたらいいなとか思っている。
http://manato-kumagai.hatenablog.jp/entry/2016/02/16/185241
(これ以外も基本全部めっちゃおもろいです。)
ただの飯がまずいって話なのに、そのきっかけからどんどん違う概念とか哲学にいき、
最後は出発地点へ戻ってくるような思考経路とそれに追随できる言語化能力は、
なんか自由自在感があって、感動すらする。

こういうのも、打席に立った数やなと最近では何事もそう感じる訳で、そんなことをやっていると
なんとなくもやもやしているけど、言語化できないから黙っておこうみたいなのは少しずつ減っている気も
あり、誰かが何かを言おうとしているが、言語化が追い付いて無い場合は、それの補足ができて、
そやねん!そやねん!それが言いたかってん!そーそー、やっぱそうよな!分かってくれるよな!な!な!
ってなり、一気に距離が縮んだりもしている。

日常のなんでこう感じるのやろとか、どこが分かってないんやろかとか、そんな感覚を言語化していくことは、
やっぱもうほんまこうバッときてズンとなるぐらいのあれやなとぺってなります。

ほな

Pocket

 - ブログ