大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

ここだけは行ってほしい 熊本ランチ【イロナキカゼ】

      2016/02/24

Pocket

南阿蘇の美味しいものを全力で満喫

IMG_3724熊本には山あいの古民家カフェや、自然食レストランが多い。東京でカフェを回った件数は多くないけれども、基本的にここで食べられるものは、エッグスシングスとかビルズとかよりはよっぽど美味しいと思う。まぁ、当たり前なのやろけども。このお店はその中でも特に気に入ったとこなので、行きたい人はいつでも連れてきますよって感じでございます。

メニューはコースのみで季節によって変わる

IMG_6688この日は、2,200円のコースのみ。さて、何が出ることやら。

IMG_4699前菜。野菜は隣接している自家菜園で採れた旬のものから出してくれる。野菜の甘味ってこういうことなんですねっていうのを僕はここで初めて知った。肉がメインにならないくらい野菜が美味しい。
IMG_5151ごぼうのポタージュ。これもうまーってなってから、あまーってなる。味が二段階でくる食べ物はだいたい美味しい。しかも不自然でなくて、寝起きでもゴクゴク飲めるぐらい癖が無い。
IMG_9170手打ちパスタ。里芋のカルボナーラ。里芋はクリーム系のパスタだと味がぼやけるんじゃないかと思ったが、ちゃんと溶け込んでいた。ベーコンの塩気と良い相性であった。
IMG_3327食べ放題の焼きたてパン。これがふかふかで、何個でもいけてしまうし、黙って6個ぐらい持って帰りたくなる。いつも無理して2個ぐらい多く食べてしまう。
IMG_4611デザート。珍しいのが生姜のアイス。冷たいけど、ほんのり温かいような感覚になる。ガトーショコラと合わせて食べても美味しい。
IMG_5034IMG_3566これに合わせて出てくるのが、すっごいゆっくり抽出されている水出しコーヒー。コクと苦みがしっかりしてて、コーヒーだけでも満足度高い。

子供連れでも優しく対応してくれる

熊本に来てから、少子化ほんまかってぐらい周りに子供が居る。そして、共働きの割合が物凄く高い。僕の住んでいる大津町はホンダの工場があることも大きいが人口は増え続けている。どこのお店も基本的には子供に優しい。寝てたら、スペースを作って寝かせてくれるし、食べやすいスープなんかは、サービスで出してくれたりする。やっぱり物理的に土地が広く使えるかどうかは、すごい重要な気がする。東京横浜の生活は窮屈だったなと身に染みる。本当に裕福だといろいろと余裕なんだろうけども、もうちょっとこっちの世界が日本の主流になっても良いと思っている。なので、誰かが何か楽しそうなんでよく分からんすけど、3年ぐらい熊本で勝負したいっすわーってなった時には、うちでできまっせってなるように、まずは受け皿作りを勝手に始めている。寂しがりな僕は毎日誰かが遊びに来てくれるの待ってます。

ほな

イロナキカゼ
http://www.ironakikaze.com/

Pocket

 - ここだけは行ってほしい, 熊本 ランチ, 熊本 子連れ, 熊本 旅行, 熊本 移住