大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

ここだけは行ってほしい 熊本ラーメン【文龍】

      2016/11/15

Pocket

 熊本一のこってりラーメン

IMG_5297普通に物凄い人気店なのでわざわざ書かなくても感があるお店なのだけど、本当にうまい。そして、そのうまさとこの写真の汚さが絶妙にマッチしていない。まだ食べる前だけど、すでにこんな感じ。こってり嫌いな人は、味噌ラーメンとかもあるけれど、そっちは食べたことが無い。いつもこの背油マックスとんこつラーメンの最終形態みたいなラーメンを食べている。麺は太すぎないちぢれ麺でスープがよく絡んでうまい。れんげにのっているのは辛みそ。溶かしてスープを飲むとやっぱりうまい。

辛子高菜と紅しょうがは食べ放題。あと、ごまと生ニンニクも入れ放題。

IMG_2900この高菜がとにかくうまい。ごま油が効いていると感じているが、入っていなかったら本当に申し訳ない。割と辛めだけども、モリモリ食べてしまう感じ。そして、この赤々しい紅ショウガもこってりしてきた口の中に放り込むと一瞬にしてサッパリさせ、一口目の気分でまたラーメンを食べられる。ショウガというと、前の会社にゴールデンジンジャープロダクトというロサンゼルスの会社の社長の息子が居た。その会社は、アメリカでの寿司屋のガリを供給することで、経営は今では順調だという。その子のお父さんは単身アメリカに乗り込んで事業を興しているのだから、すごい。その子自体も戸籍は日本なのだが、完全なアメリカ育ちなので、体格はアメリカンだった。そんな彼にいつも、
「え?ちっちゃい時何食べてたん?」「やっぱガリ食ってましたよ。」「え?デブやのに?」
っていうやり取りを100回以上させてしまったことは申し訳ないと思っている。ショウガを見るたびに思い出すようになった。ラーメンなら何杯でも奢るから、また文龍でそのやり取りをしたい。

子供連れもカップルも多し

種類も豊富で、とんこつ(こってり、ふつう、あっさり)、しお、みそ、しょうゆとある。今回、三歳の長男のみを連れて行ってみたが、後先を考えない僕は自分が食べたいだけのとんこつのこってりを彼に分け与えると、「パパ、これは食べられないよ。普通のが良かったよ」とすごい申し訳ない感じにしてしまった。
そんな彼には、
IMG_9571この餃子と白飯でやり過ごしてもらった。店内は、ファミリー、カップル共に賑わっているので、とんこつだけ食べている訳でもないのねと、改めて気付いた。

興味ある方は、連れて行きますので是非熊本きてくださいね!今住んでるとこから、車で10分ぐらいす!待ってます!

ほな

火の国 文龍
http://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430104/43000751/

Pocket

 - ここだけは行ってほしい, 熊本 ラーメン, 熊本 子連れ, 熊本 旅行, 熊本 移住