大阪育ちのナガサキが熊本ではたらくブログ

~東京生活を捨て、妻と子供と熊本へ移住をし、地方の可能性を発信する夢見がちな一般ピーポーの日々~

ここだけは行ってほしい 熊本温泉【地獄温泉清風荘】

      2016/11/15

Pocket

硫黄の臭いが立ち込める別世界

ブログってこういう見出しがあるものが一般的なようなので、ちょっとこれからやってみる。熊本は温泉がめちゃたくさんあるのだが、ここはその中でも唯一性の高い特殊な温泉である。なぜなら、混浴があるから!混浴になる気配は正直感じなかったのだが。

IMG_8423まず温泉の入る前に滝が見える。どこだっけここ感が出てる。すでにあたりは硫黄臭く、「こんなに硫黄臭いなら、どんだけ屁こいてもバレへんなー、ぎゃははー」と言う一緒に行った同級生のおっさんの笑い声があたりにこだましていた。

雰囲気のある入り口

IMG_0200イノシシのはく製があって、なぜかポストも置いてある。歴史を感じさせる提灯だった。入湯料は600円。三か所に入り放題。しかしながら、どれも別々の建屋にあるため、毎回服を着て移動しなければならない。その点は少し不便だけども、その不便さが毎回気持ち新たに違う風呂に臨ませる。

さあ、ここが混浴会場だ!!

IMG_9869むき出しで焦った。道に隣接しているので、よく分からなければいきなり生まれたままの姿の人々に出会う。脱衣所もすべて男女共同。もはや、参入障壁が高すぎて女性が紛れ込んだら事故感が出る気がする。でも、実際に入る若い女性もいるらしく是非一度は遭遇してみたく、神様。しかしながら、湯はいい。濁り加減がなんとも非日常な感じ。

IMG_0302こんな景色を見ながら、ゆっくり浸かる。ちょうど雪が降っていたので、なんだか思い出に残る風景だった。

IMG_0845熱いのが好きな人はこっちにも用意されているが、おそらく47度ぐらいじゃないのかというレベルで、入れなかった。ぬるめの湯ってのでも普通に熱いぐらい。したがって幼児レベルだとちょっと厳しく感じる。小学生ぐらいからアリではないかと。着替えないといけない手間も含めると。

宿泊も高評価

基本的に宿泊の方が多く、温泉の入浴のみは10-18時まで。興味ある方は、連れて行きますので是非熊本きてくださいね!今住んでるとこから、車で30分ぐらいす!待ってます!

ほな

地獄温泉 清風荘
http://jigoku-onsen.co.jp/

Pocket

 - ここだけは行ってほしい, 熊本 旅行, 熊本 温泉, 熊本 移住